司法書士って図書館のお姉さんのこと!?Ⅰ

司法書士と図書館司書の違いすらわからなかった普通の会社員が司法書士になりました。不動産の名義変更・登記・債務整理・過払金請求のことや育児について書いてます。事務所は大阪市北区西天満にあります。南森町駅徒歩2分。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

三重への小旅行  

昨日はあいにくの雨でしたが、不動産取引立会の仕事で三重の伊賀市に行ってきました。

ちょっとした小旅行です(笑)

忍者がお迎えしてくれました。




ちょっと怖いです。

電車が一時間に一本しかありません。




愛媛の実家といい勝負です。


法務局に行くと職員の皆さんが「こんにちは」と頭を下げてにこやかに挨拶してくれました。

(大阪の法務局では人がごったがえしているので挨拶された記憶はありません。)


乗り換えに時間があったので駅のお姉さんと談笑してたらファイルをくれました。




乗り換えが悪く、結局一日仕事になりましたが、みなさん親切でいい小旅行になりました。

寒い中取引に出席されたお客様、お疲れ様でした。
スポンサーサイト

category: [土地や建物の登記]

tb: --   cm: --

生活発表会  

土曜日は息子(2歳)の生活発表会でした。




私が保育園のお遊戯室に入ったときには、たくさんの保護者さんが
既にスタンバイしており、熱の入れようがうかがわれます。

園児が舞台に出てくるとまず先生に「お名前は?」と聞かれます。

「○○ちゃんです!」

「○○くんです!」

みんな元気に答えます。

ときどき、恥ずかしがってもじもじしている子もいますが、それもまたかわいいです。


うちの息子の番が来ました。

「お名前は?」

「○○くんはきゅうきゅうしさんです!


それ、君のなりたい職業やん!


息子は乗り物が好きなのですが、中でも救急車が大好きです。

彼は救急車に乗る人を救急士(救急救命士の略だ思われます)と呼び、日夜、救急車ごっこに励んでいます。

名前だけ答えればいいものを、なりたい職業までアピールするほど成長した息子に
感激した生活発表会でした。

4月に入園した当時はワンワンとかぶっぶーとか簡単な単語しか言えなかったのにね。

category: [育児日記]

tb: --   cm: --

高校生法律講座  

先月、市内のとある高校で法律講座の講師をしてきました。

こちらの高校は今回で3回目の講師です。

以前の記事はこちら→http://nishimura216.blog10.fc2.com/blog-entry-171.html

生徒さんが高校を卒業後、悪徳商法などに引っかからないように、クイズやロールプレイを交えながら2時間ほどお話させていただきました。

びっくりしたのが、先生と生徒さんとの距離が近いことです。

もう、友達みたいにタメ口でしゃべっています(笑)

私が中学、高校生のころの先生といえば、竹刀をもった体育の先生を筆頭に
多かれ少なかれ威圧的な感じがしたものです。

教師と生徒の距離感は難しいところですが、友達やちょっと年上のお兄さん感覚で
なんでも相談できる関係というのもいいもんだなと思いました。

生徒さんには何かトラブルにあった際、自分だけで抱え込むのではなく
専門家に相談するという選択肢もあることだけは覚えておいてほしいです。

みんな、司法書士は「図書館のお姉さん」ではないことくらいは覚えてくれたかな?

category: 未分類

tb: --   cm: --

電子証明書受領書の督促  

先日オンライン申請で使用する司法書士の新電子証明書が届いたという記事を書きました。

昨日、認証局から「受領書がまだ到達していません。」という連絡文書がFAXで事務所に届きました。


新電子証明書が届いたときの文書には発送から24日以内に受領書を返送するよう
指示があったので、「それまでに返送すればいいや」と悠長に構えていました。

今回は認証局の発送から2週間経過した時点でFAXが届きましたが、何でも早めにやっておくことが大事ですね。

認証局が文書をFAXする手間と、こちらがその文書に記入してFAXする手間が余分にかかってしまいました。

これから電子証明書を受け取られる方はご注意下さい。

一般の読者の方にはよくわからない話ですいません。。。

今から受領書原本を発送してきます。

category: [雑談]

tb: --   cm: --

レディー・ガガという名の掃除機  

土曜は同期の司法書士さんの結婚式があり、その二次会に参加しました。

彼女は大学在学中に試験に合格し、かわいくて優秀で同期の中でもアイドル的な存在でした。

さて、二次会のゲームの時の話です。

司会者から賞品の紹介があり、「レディー・ガガ」という言葉が聞こえてきました。

隣に座っていた同期の司法書士(スキンヘッドでこわもてのお兄さん)に

「レディー・ガガって何ですか?」と尋ねたところ、

彼はにやりとして

「レディー・ガガも知らんの?掃除機やん!」

との答えが返ってきました。


他の同期も

「ダイソンに匹敵するくらいよくゴミが取れるんですよ!」

といいます。


私は家内のために、その掃除機を狙うことを宣言しました。

しかし、あえなく敗れ、掃除機は他の方に当たりました。

その方が持っている賞品に目を向けると、女の人の写真が見えました。

「女の人の写真が貼ってある掃除機ですか?」

と私がいうとテーブルは大爆笑。

どうやらレディー・ガガというのはアメリカの歌手の名前で賞品はその方の写真集だったようです。

きっと、新郎新婦はうちのテーブルでこんなやり取りがあったとは露とも知らないと思いますので、
ここに記しておきます。

どうぞ、お幸せに♪


追伸
うちはテレビをほとんど見ないので、たまにこういうことがあります。

category: [雑談]

tb: --   cm: --

早起き  

年初に立てた私の今年の目標は、「読書と実践」です。

早起きや朝に関する次の本を読んだので、平日は5:30に起きるようにしました。
(去年は7時ごろまで寝てました。)

「朝にキク言葉」 ひすいこたろう著 サンマーク出版

「朝型人間の奥義」 税所 弘著 講談社

「早起き力」 神吉 武司著 PHP研究所

「幸運を呼びよせる 朝の習慣」 佐藤 伝著 中経出版

「4時間半熟睡法」 遠藤 拓郎著 フォレスト出版

「早起きは「3億」の徳」 哀川 翔著 東邦出版


早起きを始めると生活に少し変化がおきてきたので次の更新で報告しますね。 

category: [雑談]

tb: --   cm: --

早起きと子育て  

ブログでは結構楽しそうに子育てしてるようにうつったかもしれませんが、去年の私と息子の関係はひどいもんでした。


朝、彼が起きて、隣に私が寝ているのに気付くと、「パパ嫌!」といって泣きます。

ただ寝てるだけなのに・・・。


彼がお風呂から出た後、私が服を着せると彼は妻に駆け寄り
「パパが着せたのイヤ!」といって、妻に着替えなおしを求めます。

妻が脱がせて同じ服をもう一度着せると満足してました。

誰が着せても同じ服なのに・・・。


しまいには、私が半径3メートル以内に近づくだけで

息子は涙を流して本気で泣くようになりました。

妻はそれを見て、「あなたえらい嫌われようやなあ」
と笑っていましたが、私はけっこう傷ついていました。

毎朝、私はお風呂を洗って、彼のオムツを替えて、ご飯食べさせて、はみがきをさせて、着替えさせて、保育園に送って行き、洗い物をしてから出勤していました。

自分では子育てを頑張ってる父親のつもりでいました。

でも、朝は時間がありませんから、言うことをきかない彼に、大きな声で怒ったり、無理やり着替えさせたりすることもありました。

それが彼には怖かったのでしょう。

早起きするようになってからは、時間に余裕ができ、彼が言うことをきかなくても笑顔で対処できるようになりました。

怒鳴ることもなくなりました。

歯磨きは、「言う事をきかない子はこちょここちょするぞ~」といってくすぐり、
彼が笑っている隙に済ませます。

着替えは「パジャマ着たまんまの救急士さんなんて居ないよ~。着替えて保育園病院に出動しよう♪」というと、素直に着替えさせてくれます。


今では彼との関係が劇的に良くなりました。

帰宅すると玄関まで駆け寄ってきて

「パパ、おかえり!」と迎えてくれます。

「パパ、救急車ごっこしよう!」とまとわりついてきます。


近づくだけで泣いていた去年とはえらい違いです。


忙しいの「忙」の字は心を亡くすと書きます。

確かに去年の朝、私は心を亡くしていました。

時間の余裕は心の余裕。

早起きをすることでそのことに気付けました。

category: [育児日記]

tb: --   cm: --

社会福祉士さんとの交流会  

土曜日は大阪青年司法書士会と若手社会福祉士さんとの交流会でした。

社会福祉士さんは、高齢者・障害者・児童分野など福祉の専門家です。

参加された社会福祉士さんは、NPO法人を立ち上げていたり、社会福祉法人や地域包括センターに勤務していたり、ケアプランセンターを経営されていたりと所属しているところは違いましたが、皆さん自分の仕事に誇りを持った志の高い方々でした。

私達司法書士も土日に研修会や勉強会に参加して自己研鑽を積んでいますが、社会福祉士さんも一緒なんだなあ、と嬉しくなりました。

ぜひ顔の見える関係で繋がっていけたらと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

さあ、2011年度の大阪青年司法書士会の事業はこれで終了しましたので、あとは3月の定時総会を残すのみです。

本年度もいろいろありましたが、

終わり良ければ全て良し

です。

役員の皆さん、最後まで気を抜かずに準備していきましようね。

category: [青年会]

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。