司法書士って図書館のお姉さんのこと!?Ⅰ

司法書士と図書館司書の違いすらわからなかった普通の会社員が司法書士になりました。不動産の名義変更・登記・債務整理・過払金請求のことや育児について書いてます。事務所は大阪市北区西天満にあります。南森町駅徒歩2分。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

僕の不合格の軌跡  

昨日は、平成21年度司法書士筆記試験の合格発表でした。

ダメだった人は、経験した人にしかわからない喪失感、絶望感に
さいなまれていることと思います。

実は僕も4回失敗しています。

1回目は択一午前・午後、記述式とも全て足きりはクリアしてたのですが、
総合点が合格ラインに10点とどかず。

2回目は総合で合格点を充分クリアしていたのですが、記述式が

基準点に0.5点足りず足きり。

3回目は択一午前・午後、記述式全て足きりはクリアしてたのですが、

総合点が1点足りず。

4回目は択一午前・午後、記述式全て足きりはクリアしてたのですが、
総合点が合格ラインに6点とどかず。

毎年毎年秋は悲しみの季節でした。

自分は一生この試験には受からないかもしれないと思いました。

自分はなんて不運なんだろうと運命を呪いました。


「あなたの受験で私の人生をくるわされたくない」

という彼女と揉めに揉め、受かる保証などないのに4回目の不合格から
3ヶ月後の12月に入籍、翌年7月に5回目の本試験を受け9月9日に
結婚式を挙げます。



「落ちてたら離婚やから」

妻からの強烈なプレッシャーの元で勉強していたおかげなのか、

9月末の合格発表では無事合格していました。


4回目の不合格であきらめていたら、司法書士としての僕が存在しないのは確かです。

このブログも存在しなかったことでしょう。


不合格だった方は、今は何も考えられないと思います。

とことん泣いて下さい。

そして、泣き疲れたら、はい上がってこれからのことを考えて下さい。

再チャレンジするのもよし、別の道をすすむのもよし。

人生は誰のものでもなく、あなたのものです。

悔いのない選択をしていただければと思います。




スポンサーサイト

category: [司法書士試験]

tb: 0   cm: 4

平成22年度認定考査  

日曜に認定考査を受験したみなさま、お疲れ様でした。

「請負」が出たそうですね。


私が受験した時は、「売買、賃貸、金銭消費貸借」

略して「バイ、チン、ショウ」だけやっとけば大丈夫

という雰囲気漂う中、「動産引渡請求」が出題されて

皆びっくりたまげたものです。


考査後の飲み会では、

「俺はもうダメだ~。事務所のみんなに合わせる顔がない~。」

とか

「考査の発表があったら即独立するつもりで準備を進めてきたのに、

 その夢ははかなく消えた~。これからどうしよう・・・。」


などと叫びながら、酔いつぶれる人が

続出。


そんな彼らも、合格発表を迎え、ふたをあけてみれば、

ほとんどの人が合格していました。


今年も完璧にできてる人はそうはいないだろうから、

みんな大なり小なり発表までもやもやとした気持ちで

過ごすことになると思われます。


司法書士試験の受験を含めると、長い受験生活だった人もいると思います。


これからは、今までおあずけにしていた趣味に取り組んだり、

ほったらかしにしていた家族にサービスするなどして、

できるだけ考査のことを考えずに有意義に過ごして

いただければと思います。


「今心配しても、結果は変わらないのだから、今を楽しむしかない。

 あかんかったら、その時考えよう。」


当時の私は、考査後自分にそう言い聞かせていました。


みなさまほんとにお疲れ様でした。


おしまい

category: [司法書士試験]

tb: 0   cm: 4

本試験後にしたこと  

日曜の司法書士試験を受験したみなさん
お疲れ様でした。

記述式では新設分割が出題されたようですね。


さて、私が受験生のころは、本試験後、その足で
受験仲間のお母さんがやっている小料理屋さんに
集合し、打ち上げと称してしこたま飲んでいました。

毎年、仲間のうち何人かはぶったおれて

お店の床で寝てしまいます。

みんな、試験までは禁酒していたので、すっかりお酒に弱くなってます。


翌朝はネットで解答速報を見て自己採点します。

仕事をしている年は、四の五の言わずに出勤。

仕事中ふとしたときに試験のことを思い出してしまいますが、
ゆっくり考えてる暇もないので、助かりました。

仕事をしていない年は、朝から酒を飲みながら、某掲示板の
足きり予想を見守ります。


「なんでさんざん迷った挙句に変えた回答がまちがってんだ~!」

「なんであんなケアレスミスしたんだ~!」

とか、どんどん気分が落ち込んでいきます。

自分がダメになっていくような気がしました。

私は強い人間ではないので、暇だと良くない方にものごと
を考えがちでした。

そんな日々を数日送った後、

「このままじゃあかん、お金もないし、働こう

と思い立ち、就職活動をするのでした。

合格してたら、研修代、研修時の飲み会代でお金が必要です。

不合格だと、次年度の講義代、模試代にお金が必要です。

どっちにしろ、お金が必要なら、働けるときに働くしかありません。

参考になるかどうかはわかりませんが、
以前に書いた司法書士事務所への就職活動についての記事は
こちら

資格なし、実務経験なしでも事務所に入れますか?

司法書士補助者になるには


不動産の動きが昔ほど活発ではないこと、
過払金請求の需要も落ち着いてきたこと
から、司法書士事務所への求人は多くない
かもしれません。

しかし、いい人材ならほしいと思っている事務所は多いと思いますので、
あきらめずトライしていただければと思います。

もちろん、法律事務所でもその他の仕事でも
働いた経験が無駄になることはないと思います。

少なくとも、私のように朝からお酒を飲んでるよりはずっと
いいですよね(笑)

今日はこの辺で。








category: [司法書士試験]

tb: 0   cm: 0

平成22年度簡裁訴訟代理認定考査  

昨日は平成22年度簡裁訴訟代理等能力認定考査の合格発表だったようです。

法務省HP

認定率は68.8%

昨年度は59.9%でしたので、かなりアップしています。

合格された皆様おめでとうございます。

ようやく長い受験生活から開放されほっとされていることと思います。

しかし、この仕事毎日が勉強です。


私の法廷デビューは、過払い請求訴訟ではなく、一般民事事件でした。

確か、給料か賃料の請求訴訟だったと思います。

とても緊張したのを覚えています。

依頼者からの聞き取り、証拠の収集、訴状・準備書面の作成、依頼者との打合せ、
ほんと大変です。

期日が終わる度に毎回ぐったりしていました。

弁護士さんがそれなりに費用をもらうのも、もっともな事だ、と思いました。


皆様と法廷でお会いした際には、くれぐれもお手柔らかにお願いします。

ところで、今年受験したうちの青年会の会員からはまだ報告がないのですが、
このブログを見ていたら結果がどちらにせよ、こっそり連絡下さい。

category: [司法書士試験]

tb: 0   cm: 0

毎年合格発表の後にすること  

昨日は平成22年度司法書士筆記試験の合格発表の日でした。

受験生時代から私が発表の日に毎日やっていることがあります。

それは、

某巨大掲示板を見ること。

毎年「司法書士試験反省会」というスレッドが立ちます。

そこで受験生が合否を報告しています。

いろんなドラマがあります。

合格後もその掲示板をみて、落ちたときの絶望感や受かったときの開放感を
思い出し、資格があることのありがたみを再認識しています。

そして、気持ち新たに仕事に取り組みます。


合格された方、おめでとうございます。

最終合格後、興味があったら、青年会をのぞいてみてください。


残念ながら不合格だった方、『僕の不合格の軌跡

などの当ブログの記事が再起への参考になるかもしれません。


受験されたみなさま、一旦おつかれさまでした。

category: [司法書士試験]

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。