司法書士って図書館のお姉さんのこと!?Ⅰ

司法書士と図書館司書の違いすらわからなかった普通の会社員が司法書士になりました。不動産の名義変更・登記・債務整理・過払金請求のことや育児について書いてます。事務所は大阪市北区西天満にあります。南森町駅徒歩2分。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最近の「ひ」の付く貸金業者  

過払金の返還請求訴訟を提起している相手に

「ひ○○○○○○」という業者がいます。



この業者は

「金額については争いません。

ですから、なんとか分割でお願いします!」


と言ってきます。


ここの業者も以前は一括で払っていたようですが、最近は

過払請求がありすぎて、しっちゃかめっちゃかみたいです。

担当者もなかなかつかまりません。


取引履歴の開示も1ヶ月半以上かかっています。


こちら側に残債務が残る場合には、よく分割返済案について業者と交渉

しますが、過払になってる場合に分割について話をしていると、

いったい自分はどっち側についているだろう、とおかしな感覚に

おちいります。


大手は争ってくるし、中小は払える資力がない。

巷で言われているほど、過払金請求は楽ではないと思うのですが、

いかがなもんでしょう。



       →債務整理・過払い請求のページ(司法書士西村竜也事務所)






スポンサーサイト

category: [過払金請求]高い利息で長年払ってきたら

tb: 0   cm: 0

入金がない!  

過払金請求訴訟をおこし、今月入金予定だった関西の某貸金業者からの

入金がありませんでした。

電話すると1時間後には入金されましたが、理由を聞くと

「資金が足りなくて・・・」

とのこと。


貸金業者も体力が弱ってきているようで、過払金請求は早い者勝ち

みたくなってきてます。



       →債務整理・過払い請求のページ(司法書士西村竜也事務所)


category: [過払金請求]高い利息で長年払ってきたら

tb: 0   cm: 0

いきなり訴訟するのやめていただけます~  

過払金請求訴訟を提起していた

ある貸金業者さんから電話がありました。

第一声は

「いきなり訴訟するのやめていただけます~」

でした。

当たり前の話ですが訴訟を提起するのに被告の了承なんか要りません。

訴訟されると、返還額が上がるし、期日に追われるし、被告としては

文句の一つでも言いたかったのかもしれません。


過払元本の8割で期日前に和解したいとのことでしたので、

「お断りします。訴訟続けましょう。」

と答えると、

提示額がどんどん上がっていきました。

やっぱり訴訟提起は必要です。



       →債務整理・過払い請求のページ(司法書士西村竜也事務所)



category: [過払金請求]高い利息で長年払ってきたら

tb: 0   cm: 0

裁判上の和解と裁判外の和解  

過払金を分割で返金してきている貸金業者から

予定日に入金がありませんでした。

すぐさま電話で督促すると、

「ちょっと待って下さい。あ、先生の所は裁判上の和解でしたね。

 すいません、すぐ振り込みます!

 正直なところ裁判外で和解してる先生への

 振込はかなり遅れてるんですよね。ははは(汗)」

と業者の担当者。

1時間後には入金確認できたのですが、やはり分割の場合は裁判上で和解

しとかなあきませんね。


       →債務整理・過払い請求のページ(司法書士西村竜也事務所)


category: [過払金請求]高い利息で長年払ってきたら

tb: 0   cm: 0

昨日の武富士  

過払訴訟を提起している武富士と二回目の期日でした。

二回目の期日にもかかわらず、裁判官は

「原告訴状陳述ね。被告答弁書でてるから陳述擬制っと。」

と初回のように手続を進めます。

書記官と二人で

「今日は二回目ですやん!」

とつっこみを入れます。

お笑いコンビのハムのように、「ちょいちょいちょい!」とつっこめば
もっとよかったです。


一回目の期日の前に形式的な答弁書
(認否だけして被告の主張は追ってすると書いてある)
を送ってきただけの武富士。

裁判官によると「和解を強く希望する。しかし都合により今回は出廷できない。
次回期日を指定してほしい。」という上申書が武富士から出ているとのこと。

原告の意見を聞かれたので当然結審を求めます。

裁判官が「訴状が送達されたのは7月ですか~。仕方ないですね。

     結審して判決を○月○日に言い渡します。」

と告げて終了です。

以前は期日の直前には和解の連絡をしてきていた武富士ですが、
今は手が回っていないのでしょうか。

出廷できない理由を「台風の影響」としてたなら、もう一回
期日が設定されたかもしれません。

遅れそうになりながらも行った甲斐がありました。


       →債務整理・過払い請求のページ(司法書士西村竜也事務所)



category: [過払金請求]高い利息で長年払ってきたら

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。